KPCCのカネ集め

ラジオ89.3。べつにヤクザがやっているわけじゃない。KPCC、カリフォルニア、ロサンジェルスのパブリックラジオだ。東京にいたころは米軍のFEN(極東ラジオ)を聞いていたが、このあたりはそれが拾えないので、ネットでKPCCを聞くようになった。(最近はFENあらためAFNもネットストリームをやっている。)KPCCはPBS(公共放送系)で、その人気番組やBBCニュースなども組み込まれており、世界が広く感じられる。

ただ、たいへんそうなのがカネ集め。公共放送は、寄付で成り立っている。NHKみたいな勝手な徴収の権限など無い。それで、さまざまな財団の他、個人からも寄付を募る。この二週間、電話番号の連呼。米国のすごいところは、これできちんと放送局が維持できているところ。べつに独自の世界的報道取材網を維持しているわけでなし、やたらとすごい番組を作っているわけでなし、本当に放送普及の役割だけに特化するなら、NHKも、これくらい軽くなれるはず。

NHKの場合、報道取材網の維持と一般向番組の制作までやっているから、経費の正体が不明朗になる。いまどき番組など、制作会社から買えばいい。公共放送のくせに、内部の私情で、競争無しの法外価格の自社番組を抱き合わせ販売していては、コストダウンなどできるわけがない。