火狐のアドオン

 昔はともかく、いまはパソコンにあまり余計なものを入れたくない。昔よりパワーに余裕はあるが、うざい。それでも、officeだの、adobeだので、プログラムはてんこ盛り。とくにjustsystemのように、一社でいくつもプログラムに別のツリーで展開されると、とても不愉快。

 とはいえ、さすがにごちゃごちゃと重いIEはイヤになった。なにかの干渉のせいなのか、開発ツールが勝手に出てきて固まる。chromeも、googleのその他のサービスへの誘導が煩わしい。それで、火狐。思い出してみれば、ネスケは使いやすかったし。火狐のいいところは、余計なものが少ないこと。アドレスバーだけになる。横長画面になってしまったから、この方が使いやすい。これにtree型タブとspace nestだけかましてある。

 大学の大教室の教卓にも古いパソコンがあるのだが、どこぞの教員がかってにchromeを標準に置き換えやがった。そりゃIEが重いのはわかるが、chromeだって大差ない。そもそも公共で使っているものをかってに自分の好みでカスタマイズしてしまう無神経さが理解できない。イヤでもデフォで使えよ。それがイヤなら、自分のノートを持って来いよ。というわけで、私は、自前で持ち込む。そうでないと、どのみち動画なんか動かないし。