読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽ネイティヴの発音

このへん、FENが入らない。早く米軍基地が関空にできればいいのに。で、たまに車でFMをつけると、あちこちの局で乱用されている半端な英語がうざくてしょうがない。「ネイティヴ」のくせに、だれもかれも発音が微妙におかしい。不気味の谷に落ちている。

考えてみれば、長く海外に住んでいる日本人の日本語って変だ。帰国子女の日本語も、妙。まして、日系人の日本語なんか、あきらかにおかしい。日本で、英語のできるハーフだのなんだのを「ネイティヴ」と言って、ありがたがっているが、こと発音に関しては、あきらかに本国の人々とは大きなズレが生じてしまっている。

たとえもともとは米国出身のネイティヴだったとしても、日本に住んでいて、日本の会話を聞いていたら、音素そのものが、日本で聞くものの方に引っ張り込まれる。バイリンガル独特の、妙な音素セットになる。文法は合っているにしても、音素が違うから、変にしか聞こえない。そんなのに慣れてしまうと、こっちまで感染して、変な癖がつく。日本人英語とも、米国人英語とも違う、変な発音になる。これを防ぐには、長年、日本在住の外国人外国語教師に関しては、定期的な入れ替えが必要だろうし、どっちつかずのバイリンガルなんか最初から語学教師には採用しない、くらいのことをしないといけないのかもしれない。