読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風と警報

 朝、起きたら、台風が来ていた。うちの大学の場合、朝7時で暴風警報が出ていたら、午前は休み。10時でも出ていたら、全日休校。これ、わかりやすい。以前いた九州の大学はめちゃくちゃで、暴風警報が出ていても休校じゃなかった。いやー、ここじゃ暴風警報なんかで休校してたら、講義回数が足りませんよ、って、言われた。でも、実際、毎度、街の半分が水没しちゃうんだけどね。「出水」なんていう地名のところに、よう家を建てるなぁ、と思う。

 さて、台風だ、と言っても、このあたりは台地の上だし、べつにたいして影響もない。もちろん雨や風はひどいが、ここが水没するくらいなら、大阪の人口は半減してしまうだろう。とはいえ、買い物にも出られない。すると、近ごろは便利なものがある。ネットスーパーだ。ジャスコが家まで配達してくれる。台風なので今日は配達が遅れます、ということだが、ちゃんとやってくれている。スタッフを増強して対応しているらしい。

 その一方、東京の脆弱なこと。帰宅困難者だらけで都心駅がパンクだとか。なんちゅう、もろい街じゃ。地震の被害と違って、台風は待っていれば過ぎるのだから、夜まで会社で仕事すりゃいいのに。だいいち、途中で従業員を家に帰すくらいなら、朝からきっちり休社しちまえよ。こういう、組織の優柔不断、個人の右往左往、どうにも救いがたいなぁ。