読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうとう安愚楽が煮えた。

 いやいや、前からうさんくさいと思っていたけれど、ようやくとんずらで弁護士に放り出した。資本金3000万きゃないのに、負債620億だと。620億、ったって、そのほとんどが、「投資」だからねぇ。まさに資金を投げ捨てたも同然。放射能のせいにしているけれど、口蹄疫のときにすでにこの会社、隠蔽して怒られているし、もともと財務状況も???だし。

 だけどさ、森のオーナーになりませんか、とか、あなたもXXトラストを、とか、挙げ句には、火星の土地だの、ヴァーチャル銀座だの、オプーナーの購入オプションだの、よくもまあ、文字通り、絵に描いた餅で商売になるものだ、と感心する。和牛だの、材木だのがさらに悪いのは、自然環境のために自分もなにか、なんていう善意と欲得をうまくすりかえてたらしこむところ。悪だねぇ。

 それにしても、どうして、こういう出資法からして問題のあるような会社がまともに取り締まられもせず、のさばっていたのか、不思議だ。いや、取り締まる以前に、ひっかかるやつが偉い。配当が多い、って、それ、きみの振り込んだ原資そのものだよ。お札に印でもつけといたら気づくのかなぁ。しかし、それを言い出すと、株でもなんでも似たり寄ったり。連中は、最初から、元本なんか返す気などないものなぁ。終身保険とか、考えたやつ、すごいよなぁ。