Yahoo.comのNews Channel

 米国というと著作権にうるさいイメージがあるが、国際的な文化普及の意義についても、よくわかっている。実際、英語なら、世界的にも需要があるし。こっちから探すYouTubeもいいのだが、YahooのNews Channelは、昨今、かなり充実している。APやCBS、ABC、Foxなどが、おいしいところを硬軟とりまぜて、延々とたれながしてくれている。各州のローカルニュースなども、それぞれの地域の関心が表れていて、けっこう興味深い。

 一方、日本やドイツは、ダメダメ。県境を越えてネットでラジオを流すことすらできないなんて、どこまでバカなんだか。わざわざ遠方から関心をもってサイトを見に来てくれている客を追い返しておいて、観光振興なんてうまくいくわけがない。そもそも、なんのためのネットだと思っているのだろう。町内の回覧板かよ。そのくせ、番組じゃ、正体不明の仲間内のタイアップ企画だらけ。ちゃんと細かくきっちり広告費を取ればいいのに。

 まあ、あれこれ言っても、この国の体質は変わるまい。つまらん番組ばかりなら、米国のチャンネルに客は流れるよ。情弱、情弱なんて日本語で言っている半端な世代の連中くらいしか、早晩、国内のチャンネルには残らんのじゃないだろうか。なんにしても、もうどうでもいいけどね。