努力はすでに報われている


/この世に生きているだけで、すでにチャンスが先払いされている。つまり、すでに報酬は得てしまっているのであり、これにどう応えるかこそが問題だ。甘い自分に酔って日々の努力を怠れば、この世に生きた証(あかし)を失う。/



 卒業して十年、二十年、三十年という節目ともなると、誰からともなく、同窓会をやろうか、という話になる。あいつはどうしているだろうか、というとき、運動会で、学園祭で、修学旅行で、そしてまた、映画やドライブに行ったり、夜遅くまで公園で無駄話をしたりして、生き生きと活躍していた友だちの顔が次々と思い出される。

 成績のことも、勝敗のことも、よく憶えてはいない。あのときはそれが日々の目標であったはずなのに、今となっては、まるで他人ごと。だいいち、しょせん学生生活で、成績がAでもBでも、勝敗が3位でも4位でも、結局、その後の人生には大差ない。とにかくよくがんばった、辛かったけれど、楽しかった、という思いしか残らないのだ。

 球を打ってホームランになるか、白いファウルポールの外側にそれるかは、飛んできた球にもよる。試験、試合、仕事は、問題次第、相手次第、景気次第。もちろん、それを見極めるのも技量のうちだが、それでも、結果は運不運でどちらにも転ぶ。しかし、だからといって、バットを振らずに、ただ球を見送るのか。せっかくバッターボックスに立てたチャンスをドブに捨てるのか。

 そう、ちんたらと努力などしていられること自体、すでに相当に恵まれているのだ。世の中には、体調悪しく、わずかの努力も無理な人がいる。家族の世話など、より大切なことに追われている人がいる。それどころか、あなたのその年になる前に、事故や病気、災害で亡くなってしまった人も大勢いる。それを思えば、勉強でも、運動でも、仕事でも、集中して努力できる余裕が与えられた時点で、すでに大きなチャンスをつかんでいる。

 甲子園のバッターボックスでがんばるのは、そこに立てること自体がすでに充分に報われているからだ。つまり、その報酬は、周囲の大きな期待とともに、すでにそこで先払いされている。そして、次があるかどうかはわからない。それなら、ホームランになろうと、ファウルになろうと、そのチャンスが与えられたことに報いるべく、とにかく持てるかぎりの力でフルスイングする、というのが、当然のことではないだろうか。

 しかし、実際は、がんばる、というのも、ずいぶん自分を甘やかしている者が多い。ちょっとなにかしただけで、犬でもあるまいに、すぐに自分に御褒美ビール。だが、東大の図書館は夜22時半まで、代ゼミの自習室は朝7時半から。昼間は会社で人と同じに働き、直帰して自宅でコツコツと深夜まで小説を書いている人がいる。朝、5時に起き、朝食や弁当を準備し、自転車の前と後に子供を乗せて託児所と幼稚園をはしごしてから出勤する母親がいる。いったいこのどこに酔っている暇があろうか。酔って愚痴っているやつは、酒に酔う前に、甘い自分に悪酔いしているのだ。ほんとうにがんばっている人は、そんなどうでもいい余裕があれば、せめて5分でも寝たい、と思うだろう。

 同窓会で、名前はもちろん、顔を見ても思い出せないやつがいる。さて、あのころ、いったい何をしただろうか。いや、そいつは、何もしなかったのだ。だから、だれも憶えていない。これでは、本人さえも、自分がそこにいたのかどうか、定かではあるまい。

 我々は、生きるというチャンスが先払いされている。命という報酬をすでに得てしまっている。この期待に、どう応えるのか。この有り難さに、どう報いるのか。もちろん、無理をすることはない。だが、甘い自分に酔って日々の努力を怠れば、いずれ罰が当たり、生きた証(あかし)を失う。そして、それは、後からは絶対に取り繕えない。