独立の錯覚から共生の自覚へ

/一人勝ちをしても、その内実はおうおうに空虚だ。根の無い花は、すぐ枯れる。全体の部分にすぎないにもかかわらず、その背後を顧みることがなければ、業界ごと壊滅してしまう。裾野の広がりがあってこそ、繁栄も支えられる。/



 アドリア海に浮かぶ水の都、ヴェネチアは、ヨーロッパの人々のだれもがあこがれる歓楽の街だった。カネのある貴族の子弟たちは、遠くイングランドデンマークなどからも、家庭教師に率いられ、グランドツアーとして、この街を訪れた。しかし、20世紀初頭の哲学者のジンメルは、そのヴェネチアを、摘み取られた花のようだ、と酷評した。その場ではすべてが美しく思えるが、心に浸み残るほどのものは何もない。

 人工的で閉鎖的なテーマパークだけではない。現代の文化の多くもそうだ。見かけ倒しの映画や小説を、話題沸騰、たちまち重版、などと、洪水のような宣伝で煽り立て、売りまくる。そのときは、おもしろい、かのように思え、見てきた、読んだ、と、人に自慢すれば、それで用済み。筋もろくに思い出せない。半年もしないうちに古書店に本は山積み。運転手や美容師、水商売など、人に話題を合わせなければならない仕事ならともかく、一般の人々は、こんなもの、人生に何の関わりがあろうか。木戸の呼び込みのうまさに騙されて、ただカネを巻き上げられるだけの昔ながらのインチキ見せ物小屋と同じ。

 仕事もそうだ。華やかに経済誌やテレビの特集を飾っている新事業の風雲児も、数年で化けの皮がはがれ、見せかけだけの虚業の実体が露呈してしまう。伝統ある立派な巨大企業ですら、芯から腐って、全社これ不良債権の塊まりというありさまだったり。かと思えば、品質管理は納入業者任せで、正体不明のものを売っていたりする。それどころか、不良在庫処分の確信犯ということさえある。

 ジンメルに言わせれば、その花には根が無い。全体の部分にすぎないにも関わらず、自立し独立であるかのように錯覚している。ヴェネチアなど、橋というヘソの緒でかろうじて命を支えられている胎児のようなもの。都市も、周辺から、物資や労働力を供給されていればこその繁栄だ。まして、薄っぺらな作品や虚業は、それで騙される人々の生き血をすすって血色がよいだけのこと。

 20世紀半ば、ココ・シャネルがデザインした働く女性のためのシャネルスーツは、すぐに模倣され、安価な既製品があちこちで大量生産された。このままほっておくのか、と問われた彼女は笑って答えた、マネをするならするがいい、私は来年には来年のデザインを出す、誰も追いつくことはできない、それよりもファッション業界全体を率いて、働く女性が着飾れる時代を切り開いてみせる、と。

 人は、家族の一員であり、地域の一員だ。作品も、歴史や文化の中にこそ根づいている。都市や企業も、社会との関係においてこそ生かされている。自分だけが特別だ、などと勘違いして、その背後を顧みないならば、やがてその連携が枯れ絶え、足下から崩れていく。『実語教』に曰く、山は高きがゆえに貴からず、裾野の広く、樹木の茂れればなり。縮む市場での生き残り戦略だと言って、他社を叩き潰し、市場を食い荒らしていると、その業界そのものが壊滅する。たとえば、ただの普段着だった和装は、大正時代に、高価な洋装と張り合い、町の呉服屋と差別化するために、デパートがむりやり高級化したが、かえって戦争とともに贅沢品として世間から見捨てられてしまった。

 特定の企業のみが勝ち続け、経営者一人だけが利益を得ていれば、やがて人心は離れていく。従業員がいて、取引先がいて、顧客がいる。同業他社があってこそ、業界があり、競争があり、進歩がある。健全な社会があってこそ、そこで健全な仕事ができる。