読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書店や図書館は偉いと思う

 12月に学会で研究発表をしなければならない。下稿はできたのだが、引用など、不確かなうろ覚えがまじっている。口頭発表で、論文ではないのから、そう気にすることもないのだが、やはり出典箇所などは、自分のためにページ番号などをメモっておきたい。

 で、それからが大変。本がどこにあるのか、さっぱりわからない。とにかく家に本が多すぎるのだ。引っ越しで、段ボール箱に入れたままのものも多い。それが山と積み上がっている。どのみち本棚になど収まる量ではない。それも、床が抜けないよう、あちこちの部屋に分散している。絶対に家の中のどこかにあるのだが、いくら探しても見つからない。

 で、結局、図書館で借りることにした。自分の本の方は、思いつきの書き込みなどもあり、そっちの方がいいに決まっているが、段ボールの山と格闘して疲れ果てた。それにしても、こんなことを書店や図書館は毎日やっているかと思うと、心から尊敬してしまう。もちろん、かの分類法に、余裕のある書庫など、ノウハウはあるのだろうが、それにしても、本は重い。とっとと電子化してくれないと、仕事にならない。