国内棄民を乗り越える


/この国は救済よりも棄民を繰り返してきた。開拓は、最初の収穫までに時間がかかり、数年間が危機的な状況に陥る。これを乗り越えるには、軍隊や企業ではなく、家族・地域・友愛・信頼に基づく「村」を作り直すしかあるまい。/



 イソップ童話に、こんな話がある。池が干からびた。カエルたちは水を探し回る。ようやく井戸を見つけ、喜んで、みなでさっそく飛び込んでみたが、底は涸れていた。それどころか、もはやその井戸から飛び出ることもできなくなっていた。

 知っての通り、戊辰戦争の負け組は、北海道に逃げ延びた。西南戦争の負け組は、ブラジルへ。そして、長州閥の外商政策のせいで、広島山口県民がハワイに送られた。しかし、いずれも文字通りの辛酸を嘗める日々。また、第一次世界大戦に伴う1918年の米騒動、1923年の関東大震災、1929年の世界大恐慌、1933年の昭和東北大飢饉は、満蒙開拓団を生み出す。もっとも、これだけは、開拓団と言うわりに、最初から手間無しで豊かな耕作地を手に入れた。それもそのはず、現地の人々から耕作地を略奪しただけだったからだ。だから、結局、敗戦とともにすべてを失い、かろうじて生きて帰国できた人々は、火山の石と大木の根ばかりの極寒地、信州野辺山高原に入植するしかなかった。

 地方は、高齢化で崩壊寸前の限界集落が数多くある。休耕地もあるのだから、都会の失業者やホームレスを移住させたらいいじゃないか、と思うかも知れない。たしかに、土地は、放置されて荒れ果てたとはいえ、当時の北海道やブラジル、野辺山などよりは、はるかに条件が良い。しかし、農業は、時間的な資本産業。開拓者たちは、どこでも、最初の数年間、飢餓に脅かされる。収穫までに、最低でも半年はかかるからだ。収穫が少なければ、種モミを食い潰さざるをえず、さらに翌年の収穫が減っていってしまう。それで、むしろ多くの食い詰めた地方の農民が、都会に貧民として流入することの方が歴史的に世界中で繰り返されてきたくらいだ。それに、農業も専門技術。タネを撒けば、ほっておいても芽が出て実がつくというほど簡単ではない。くわえて、地域の気候特性や土壌特性もあり、その場に合った時節ごとの手入れが必要となる。こういうことは、年来、その地域で農業に携わってきた地元の人でなければわかるまい。

 産業革命期の社会学者のテンニースは、人々の集団を、ゲマインシャフトゲゼルシャフトに区別した。前者は家族・地域・友愛・信頼に基づく村のようなもの、後者は義務・契約・利害・制度に基づく軍隊や企業のようなもの。近代化に伴って、社会は前者が崩壊し、後者へシフトする、とした。しかし、それは、マズローの発展段階説のように、社会が安定し、生存や安全が確保されていればこその話。生き残ることさえも危うくなれば、規則や肩書などを振り回しても、人々は従わない。だいいち上の連中は、満州軍のように、やばくなったら、自分たちだけで真っ先に逃げ出して、人々は現地に棄て残される。

 事故や災害の現場、社会そのものの崩壊期では、むしろゲマインシャフトこそが力を発揮する。規則や肩書を越え、胆力と人望のある人物こそが人々をまとめ上げる。知恵のある者が知恵を出し、技術のある者が技術を出し、体力のある者が体力を出す。全員が自分のできる最善を尽くし、生き残るために全力を尽くす。ここでは、損得など言っている場合ではない。だれか一人でも欠ければ、自分の命も、それどころか、全員の命が危うくなる。実際、かつての移民たちも、ただ結束によってこそ最悪の状況を乗り越えたのだ。

 政府も財界も、もはや職を提供できない。地方も救済できない。それどころか経済は縮む一方。これは事実上の国内棄民だ。不平を言って、彼らの対応を待っていてもムダ。生き延びるためには、自分たち自身で協力して、新しい「村」を作るしかあるまい。