売りものではない趣味を取り戻そう


/ちかごろは趣味までカネで買うものになってしまった。しかし、時間はもともと自分のもの。わざわざ人に安く売り渡し、カネで高く買い戻すのは、どうかしている。結果を急がず、過程を楽しむ自分自身のための趣味を取り戻そう。/



 家にいくつかボトルシップがある。ガラスビンの中に、そのビンの口よりもはるかに大きな船の模型が入っているのだ。戦前、祖父がシンガポールに勤務していたころ、知人の船員がくれたとか。かなり古いが、蓋が密閉されているため、そのビンの中だけ時間が止まっている。それにしても、どうやって中に入れたのか。もちろん、ガラスビンには傷ひとつない。まるで手品のようだ。聞くところだと、長い航海で時間の有り余る船乗りたちの趣味だそうだ。船にある素材だけを使って、自分で小さな部品を切り出し、削り出し、先に糸をしこんで、ビンの口から入れた後に、それを引いて各部を立ち上げる。後は長いピンセットで、細かな部品をひとつひとつ、気長に接着していくらしい。

 ちかごろ、ホビーと言うと、売りものだらけ。ただひたすら買い集めるのが趣味であるかのように勘違いしている。絶版の鉄道模型やプラモデルなどがオークションで何万円にもなる。釣りでも、海や川に出ているより、道具屋にいる時間の方が長い。パズルも、新しいのを次々と買ってくるだけ。油彩ですら、てっとり早くうまく描けるように、キャンバスに枠線と色番号が印刷された塗り絵が商品として出ている。ましてまったくどうでもいい紙っぺらのキャラクターカードなど、あんなものを法外な高額で子供たちに売りつけて稼ぐ大人も頭がどうかしている。

 べつにマルクスの労働疎外論など信奉してはいないが、趣味や時間については、文字どおりの疎外だと思う。つまり、もともと自分自身のものであるにも関わらず、カネで他人から買い戻すことが当然視されてしまっている。もちろん、趣味にも多少の専門的な道具や部品は必要だが、いくら道具や部品ばかり揃えても、何の意味があろうか。だいいち、趣味は、道具や部品も、あり合わせのもので転用して工夫するところにこそ、パズル的な楽しみがある。出来たパズルなど買ってきても、何もおもしろくもなかろう。どうやったらうまく出来るか、あれこれ頭を悩ますことこそが、趣味の醍醐味。

 結果を急ぎすぎだ。それこそ、趣味の結果は売りものではないし、人に見せびらかすものでもない。ペーパークラフトやプログラミング、和歌など、いまでもほとんどカネのかからない趣味はいくらでもある。散歩や巡礼だって、いいではないか。しかし、こう言うと、これまたすぐ「百名山」だの「お遍路」だのという「売りもの」に飛びつく輩ばかり。自分の気に入った山を選び、自分の関心のある寺社を探す楽しみはわからないものか。たとえば、全国の「妙見」巡り、「姫街道」歩きなどの趣味もあるものだ。

 いまの時代、仕事など張り切っても、どうにもならない。そうでなくても、余計なことはするな、と上がうるさい。言われたことだけを無難にこなしたら、あとは自分の時間を楽しんだ方がよいのではないか。カネで時間を買う、などというのは、結果を急ぐ仕事の発想だ。人生は、結果より過程。その結果は、どのみち死でしかない。そして、死にかかってから後悔しても、もう人生は取り戻せない。

 子育てなど、最高の趣味だと思う。恋愛や家族もそうだ。いっしょに本を読み、映画を見て、どこかに出かけ、景色を眺める。おにぎりだけでも、ほどよく歩いて、外で食べれば、どれほどおいしいことか。自分の時間は、最初から自分のもの。これほど豊かに持っていながら、それは生もので取っておくこともできない。必要以上に安売りして小銭に変えたりせず、どう自分で楽しんで活かすかこそ、真剣に考えた方がよい。