陰気な人に取り憑かれてしまったら


/占いに陰陽と言うが、象徴的な思考法として興味深い。陰気は単独では存立せず、気を補おうと、他者を共依存に陥らせる。これを断ち切るには、陰をもって陰を制するか、白日の下にさらして依存を潰すかしかない。/



 明日をも知れぬ日々にあって、経営者や芸能人の中には、占いに頼る人も少なくない。そんな非科学的な、というのももっともだが、科学的というのもまた、系統学という物事の分類方法のひとつにすぎず、それが人間の唯一の思考方法ではない。世の中にさまざまな占いがあるが、これらは概して物事のあり方を分類し、象徴において思考する。たとえば、クジラは科学的には哺乳類であっても、象徴的にはあくまで「魚」であり、それは「水」がないと生きてはいけない。

 また、古来、易を能くする者は占わず、と言い、また、『論語』にも、占うに及ばず、と言う。筮竹などの偶然的な方法によって当てるのではなく、現実を見て、それがどの相なのかを見極め、どう変化していくのか、を、相の次元でつかみ取る。つまり、占いは、ここにおいて、一種の思想、存在論的な哲学、形而上学となっている。

 さて、興味深いのは、簡単なシロウト占いと違って、この次元ではかならずしも吉凶が一意的ではないこと。たとえば、癸(みずのと)、つまり、陰気の水と言えば、シロウト占いでは凶だが、人がたまる水商売では吉となる。ケガの星や刑罰の星も、外科医や警察官では吉。これを、気を排す、ないし、気を補う、と言う。そして、タロットカードでも上下があるように、多くの占いに陰陽がある。陽気は単独でも成り立つのに対し、陰気は、このような補を必要とする。それどころか、自分で周囲に創り出してしまう。

 だから、陰気な人というのは、かならずしも影が薄いわけではない。それどころか、単独では存立できないので、むしろ他人との関係に執着する。凶暴なムチの攻撃性と甘美なアメの受容性を使い分け、いったん捕まえた自分のエサは絶対に離すまいと、いつもつきまとう。部下や同僚が楽しく働いているのが気に入らない。他人を批判しながら、その功績を自分のものとして吸収してしまうので、意外に地位もある。いじめっ子は、いじめられっ子を得てはじめて本領を発揮する。引きこもりは、それを養える親がいてこそ可能なことだ。子離れできない母親や父親が、自宅で結婚できない娘、息子を作る。痴漢やストーカーも、それに脅えてくれる相手がいればこそ、どんどんエスカレートする。

 恐ろしいのは、陰陽が和合してしまうことだ。陽気な人ほど、こういう陰気な人を冷酷にばっさりと切り捨てることができない。それで、ずるずるべったりな関係が続く。なんの外的な変化も見えないまま、中で完結し、最終的な破局まで突き進んでしまう。行政サービスのような、別の陽の気が出てきても、大差ない。陰の気の人の取り憑く相手が変るだけ。こんどはそっちを攻撃し、そこから時間でも世話でも徹底的に奪い取る。いっそ、毒をもって毒を制するがごとく、陰の気には陰の気をぶつけた方がまし。お互いに潰し合って、自滅する。もしくは、陰の気が解消する。ある種の患者など、医者が面倒を看るより、患者の会の方が治療に効果的だったりするのは、これだろうか。

 また、陰気な人は、内部事情を白日の下にさらすことを嫌う。うしろめたいだけでなく、相手との大切な共依存の関係が壊れてしまうからだ。英国の護身術の本に、こんなことが書いてあった。女性や老人が夜道で暴漢に襲われたら、けっして自分で直接に相手に立ち向かったりせず、そこら中の家のガラス窓に石を投げつけろ、と。悲鳴を上げても、暴漢を恐れ、だれも助けに来てはくれない。だが、自分の家のガラスが割られれば、みんな怒って、すぐに飛び出てくる。これも、当然、象徴的な次元で考えるべき話だ。