徳をもって動かずして動かす


/親政というと聞こえがいいが、なんでも自分で決めようとすれば、左右にぐらつき、周囲を振り回してばかりで、愛想をつかされる。むしろ全体の中庸を見極め、そこに静かに立ってこそ、人々が基準として寄り集まる中心人物となる。/



 そのころ、政治は、天皇ではなく、「将軍」として治安平定を命じられた鎌倉幕府の源家でもなく、その源家の家政の北条家が「執権」として世襲し、その北条家の執事である長崎家が「内管領」として実権を握る、という、下請による異様な政権支配に陥り、それも、先の元寇の防衛に恩賞が出せず、がたがたになっていた。おりしも、才気溢れる後醍醐天皇が、兄天皇の皇太子の成人までの中継ぎとして臨時に即位。この機に乗じて、不平武士たちを煽り、1333年、政権の「奪還」と「親政」を企てた。

 しかし、後醍醐天皇の「建武の新政」は、鎌倉幕府の旧制度を廃止停止するばかりで、新制度は朝令暮改。そのうえ、新宮造営に課税強化。なにしろ、なんでもかんでも自分自身で決めないと気が済まないから、なかなか話が進まず、依怙贔屓だらけ。それで、武士はもちろん、貴族にも愛想を尽かされる。そして、足利尊氏は、後醍醐天皇を見限って、別帝を擁立し、自分で源家の幕府を「再興」してしまう。

 後に、北畠親房水戸藩南朝を「正統」としたが、三種の神器の真贋に依る話で、真相はよくわからぬ。なんにしても、後醍醐天皇という人物は、やり手の政治家ではあったが、致命的に人望人徳に欠ける。楠木正成は「非理法権天」を旗印に掲げ、非道より道理、道理より法度、法度より権門、権門より天子、と唱えて後醍醐天皇に従うように呼びかけたと、幕末の尊皇派は言うが、それこそ漢語としてムリがある。元来の意味は、でたらめより屁理屈、屁理屈より法制度、法制度より司法判断、司法判断より天道、だろう。

 儒教において、天道に則る天子というものは、徳をもって納める。徳は、直き心に行く、と書く。『論語』に、北極星の衆星を供さしむるがごとし、と言うように、中心は動かないからこそ、その他がそれに付き従う。諸事の直正なる基準となって、その他のすべてを動かすことができる。アリストテレスもまた、すべての因果の大本にすべての原因があり、それは動かずして動かすものであるはずだ、と言う。自分であれこれと動き回り、権力をあちこちに振り回すのは、まったくの愚策だ。

 貴族たちや武士たちは、身勝手に飛び回る後醍醐天皇に掻き回され続けていたが、足利尊氏が上洛の命を無視して、関東に踏み留ったときから、世の中は一転して、彼を中心に回り始める。後醍醐天皇のように、みずからの才に溺れ、本人が饒舌多弁、軽挙妄動となれば、物事が治まるわけがない。治めるというのは、鎮めることであり、むしろ軽挙妄動、雲集霧散する連中をうまく一つの落ち着いた流れにまとめ上げていくことだ。しかし、そのためには、本人こそが、腹を決めて、落ち着かなければ、話にならない。

 この場合にも、無理が通るわけではない。理屈でどうこう言っても、世の中は理屈どおりには動かない。制度を作っても、そんなものは簡単に裏をかかれる。まして、覇をもって権をふるっても、恐れは恨みしか残さない。物事には、おのずから流れがあり、その道がある。その道のその流れに乗ってこそ、その流れの上に座ることもできる。ほっておいても、先走る者はおり、また、遅れ怯える者もいる。右に傾く者もあれば、左に曲がる者もある。つねにその中庸をとっていれば、そこが中心。指標となるこのような中心人物を、前へ、後へ、右へ、左へ動かそうと、多くの人々が寄り集まってくる。

 やり手など、時代の先触れ、本命の露払いにすぎない。真に才があるなら、人に振り回されず、つねに不偏不党の中心を見極め、そこに静かに立つのがよろしい。