人を量るに十年の後をもってすべし

/昔の先輩後輩の関係など、地方の中でしか通用しない。いま、地位や財力があっても、いずれ落ちる者と関われば、自分にも害しかない。十年の後に世の善であるか、悪であるか、よく吟味して人を量り、友人知人を厳選すべきだ。/



 地方の人々はおもしろい。会ってまず聞くのは、どこ高校の何年卒か、という話。高校の序列がきっちりとある。旧制が一番、明治時代からの私学が二番、そして、新制のその他が順に並ぶ。そして、卒業年度で先輩後輩が決まる。ああ、なんだ、XX高校か、となると、卒業年度に関わらず、旧制卒の方がとたんに態度が大きくなる。同じ高校だと、当然、先輩の方がいばる。そうか、おまえ、MMくんの下だね。

 学歴と言えば大学ではないのか、と思うのだが、大学は、みな同じ地元国立ばかり。差がつかないのだ。東京の大学へ出て行った者は別格だが、地元以外の地方旧帝大に進んだ者は、あいつはOO大に行かれなくて「都落ち」をしたんだ、などと言われる。

 相手が国会議員だろうと、県知事や市長だろうと、この調子。同じ高校の先輩となれば、おれがおまえを当選させてやったんだ、感謝しろよ、と、みな平然と人前に立って言う。政治家の方も、同じ高校の後輩である以上、永遠に頭が上がらない。そして、恩着せがましい正体不明の先輩たちが、行政の各種委員会の諮問委員に潜り込む。予算をチェックするはずの連中が、自分たちで予算を山分けにして、仕事を受注してしまう。

 こういう田舎名士たちの話は壮大だ。国政だろうと、大企業だろうと、強力なコネがあるのだ、と自慢する。あそこのNNくんは、私の後輩だからね、わたしが声をかえれば、なんとでもなるよ。だが、本気にしてはならない。連中は、口で言うだけで、絶対になにもしてくれない。できはしないのだ。実際、東京で直接にNN氏に会ったときに、その人の話を出すと、だれ、それ? 私の高校の先輩だって? そう言われても、十何年も帰っていないからねぇ。それから、故郷の連中への嫌悪侮蔑がとめどなく吹き出した。

 いま、実際に地位や財力のある人でさえも、こいつ、遠からず司直の手に落ちるだろうな、と思うような者もいる。そうでないまでも、調子に乗りすぎ、いつかしくじる、というようなやつは、会ってすぐにわかる。そんな人物に関わっても、ロクなことにはならない。なにか起こったとき、以前におまえも関係があったではないか、あの事件においてもグルだったのではないか、と、世間に、痛くもない腹を探られることになる。

 逆に、いまはただの青年だが、十年の後には、ひとかどの人物になりそうだ、という者も、ときに見かける。彼は、自分など、はるかに追い越して、ずっと優れた仕事を成し遂げるかもしれない。世間で有名になるかならぬか、地位を得るかどうかは、時の運次第だが、それはそれ。いずれにせよ、軽々に、あなどってはなるまい。まして、商人などで、投資を業とするのであれば、物より人の方が有望だ。先物買いとして、積極的に後押しをして育て上げた方が、どれほど世の利益、我が名誉ともなることか。

 歴史の地平においては、人はみな横並び。先輩も後輩もない。この世で出会う時のそれぞれの年齢は異なるにせよ、ひとりの人と人。むしろ、老いて限界の見えた者より、今後の可能性のある者の方が、つねにはるかに強い。後生(こうせい)恐るべし。昔や今にこだわって、人の大きさを量り損なっている愚か者こそ、人から軽んじられる。

 人脈は広ければ広いほどよい、などと思っていると、その一角から腐り、気がつけば周囲からはまともな人々が去ってしまっている、などということにもなりかねない。『論語』にも、多くの人に好かれるよりも、善人に好かれ、悪人に嫌われるを上とする、とある。友人知人は、自分自身の鏡である以上、よく量って、厳選しなければならない。