貧乏神にたたり無し

        /元禄時代の桔梗屋は、人の家にいる神々に祈ってもムダと、自分の家に居着いている貧乏神を祭ることにした。それを聞きつけ、他家から七福神もやってきて、またたくまに稀代の分限者へと大成功する。/


 時は元禄、戦乱も絶えて久しく、上方を中心に商人たちが大きな屋敷を構えるようになる。京の長者町、七つの蔵、九つの座敷、千木万草に囲まれ、七五人もの手代を使う染物の大店(おおだな)、桔梗屋もまた、そのひとつ。だが、それも、ほんの十年前までは、爪に火を灯すほど、貧窮に喘いでいた。

 だんなも、おかみも、元来、正直な働き者。だが、働けど働けど、まったく実りがない。大晦日の遅くまで仕事に精を出し、餅をつくこともままならず、初夢には宝船の刷り絵に枕して、今年こそはと願うが、なんの甲斐もなく、年月を経、また今年も大晦日を迎えた。あわてて宝船の絵を買いに走るおかみを止め、だんなは言う。もう、やめとき。ひとさんの家におる神さんたちに祈っても、せんかたなかろ。うちにはきっと貧乏神さんがいたはるのやろな。せやかて、貧乏神でも、神さんは神さんや。せっかくうちにいてくれたはるのなら、まずは祭ったろやないか。そう言うと、元旦の朝までかかって、夫婦仲睦まじく粛々と藁しべを丸めて人形を作り、渋紙で帷子(かたびら)を丁寧にこしらえて、あり合わせのものをお供えした。

 果たして初夢の真夜中、枕元にこぎたない年寄りが立っている。年来、おまえらが暇無しに働く姿が好きで、この家に居着いてきたが、かように大切にされるのは、貧乏神として世を渡ってきて初めてのことで、なんともこそばゆい。だが、祭られても、わしには、人を貧しくする以外、なんの霊力も無い。せめて今宵を限りに、この家をいんぬることにする。さらばぢゃ。夜が明けてみると、藁しべの人形はどこかへ消えてしまった。心なしか、家の中に光が差し込んでいるような気がする。それで、なんだか、そこらの隅にチリやホコリが妙に目につく。まだ正月二日だというのに、二人は家中の大掃除を始めた。

 そして、その晩。夜中に、どやどやと外で声が聞こえる。戸を開けてみれば、恵比寿に大黒、弁天、毘沙門、福禄寿、寿老人、そして布袋さまが、ほろよい加減で押し入ってくる。聞いたぞ、聞いたぞ。貧乏神が、ここで、えらいもてなしを受けたと、言うておったわ。そないけったいなことをしよるんは、どこの酔狂もんか、見に来てみたのぢゃ。なぁに、かまわん。今宵は仕事明け。馳走は他家からたんまりと持参した。座る場所だけ、空けてくれ。さあさ、だんなも、おかみも、まあ、飲もうではないか。

 以来、七福神たちは、二人のところに居着いて、昼も夜も「柳は緑、花は紅」と歌い踊る。なんぞそこに福の秘密があるのだろうと、根っから働き者のだんなとおかみは、あいも変らず仕事に打ち込んで工夫に工夫を重ね、ついにスオウを使った安価な紅染めを生み出す。これが助六で有名な「江戸紫」の代用品として、庶民の間で爆発的な人気となり、桔梗屋の名の由来ともなる。見る間に二人は、都で一、二を争う分限者。だが、その後も、二人は、正月に貧乏神様へのお供えを欠かすことはなかったという。

 まあ、どうせ江戸時代のヨタ話だ。こんなところから教訓を得ようなどというのもどうかしている。とはいえ、人の会社の成功戦略だの、ヒット商品だの、スーパー社員だの、ウソともホントウともつかぬウワサをありがたがってウツツを抜かし、自分のところのさえない事業や従業員たちを「貧乏神」だ、「疫病神」だ、と足蹴(あしげ)に罵る社長が金持ちになったなどという話も聞いたことがない。貧乏神でも神は神。それが自分のところにいてくれている以上、それを大切にしていてこそ、福の神たちもやってくる。