役人ヤクザと民間ヤクザ

クビになって、アホだからすみません、と詫びたが、実際、なんでクビなのか、わかってないんだろうなぁ。インチキ賭博でヤクザにカネを巻き上げられ続け、しまいには脅されて、警察に相談したら、解雇だもの。これって、ふつうに考えれば被害者だよ。

 野球賭博は民間ヤクザの資金源になるからいけないけど、パチンコ賭博やサッカー賭博は、役人ヤクザに上納しているから天下御免か。民業圧迫の典型。いや、役人ヤクザが、民間ヤクザとの直接抗争を避けつつ、カモたちの方を締め上げて、脅しをかけているというところか。まさに組織暴力団のやり口そのもの。

 ほんとうにヤバいのは相撲賭博。江戸時代から勧進として役人ヤクザに御免蒙りながら、民間ヤクザは、配当表だけを高値で茶屋やスナックなどに売って稼いできている。だが、想定外の番狂わせが起きてしまうと、連中の顧客である全国の胴元たちが大損をしてしまう。そこで、民間ヤクザは、借金漬けのデブに「お使い」を出して締め上げ、配当表どおりに星を調整するとかしないとか。このウワサ、タニマチや相撲番の記者なら、知らないはずはなかろう。なんにしても、そんな昔ながらの賭けネタを国技だとか言って文科省管轄で全国津々浦々、刑務所の中にまでテレビ中継して振興するなんて、みんな商売上手だなぁ。