テレビのしぶとさ

人は飽きっぽいのだ。ネットは、自分で情報を掘り出せるやつにとっては便利だが、大半の情弱は、ポータルサイトまとめサイトに頼りきりだ。仕事から帰ってきてゆっくり食事でもしたいときに、また仕事のようにパソコンを立ち上げ操作する、などというライフスタイルが続くわけがない。両手で操作し続けなければ反応しなくなるネットより、垂れ流しのテレビの方が楽にきまっている。

そのうえ、テレビは聞くメディアだ。情強ほど、テレビもつけっぱなしで、気になる話があるとすぐネットで調べる、ネットに書き込む。一般の人々にとっても、ネットは、電話など同様、テレビというメインメディアで得た情報を補完取得するためのサブメディアにすぎない。テレビで見たんですが、というセリフはネット時代にも変わらない。

もっとも、テレビは、十数分おきのCMなど、自分たちが作ってきた規則で、自縄自縛に陥っている。いずれ昔のように番組とCMが一体化する。そして、テレビは、平然とネットと共存する。そうでなくても、自力ではネットでたいした話を見つけられない連中が飽きてそろそろテレビに戻ってくる。