パソコンのワイド化

HDアスペクト16:9に合わせて、昨今、デスクトップはもちろんノートまで横長ワイドだ。だが、パソコンなんかでDVDを見ておもしろいのか。一人暮らしの貧乏学生ならともかく、いまやもっとドでかいテレビが家にあるんじゃないか。

だいいちA4の横書きはもちろん縦長だ。Webも、そのメリットは、紙の大きさに縛られず、縦にいくらでも延長し、スクロールできることにあった。なのに、それを横長画面で見てどうする。そのうえ、ワイドといっても、2つの窓を開くには狭い。どう考えても、こんなパソコン、仕事向きではない。かといって、娯楽向きでもない。

というわけで、私のデスクトップパソコンは、とうとう3画面マルチになってしまった。USBで追加の縦長モニタ2画面を動かしている。とろい。表示も甘い。が、ワープロなどにはなんとかなる。簿記でアセットとキャピタルの複式発想に慣れていると、左に作成文章、右に辞書や資料、というのが落ち着きがいい。

なんにしても、なんに使うのかわからんワイド画面パソコンなど、いいかげんやめてくれないだろうか。電気屋のアホな発想にふりまわされるのは、つきあいきれん。