トヨタの子供社長とテレビ局と従業員と社会の狼狽

 あー、自分で行かないから、呼び出し食らっちゃったよ。お招きいただいてうれしいです、なんて、とんちんかんなコメントをしているみたいだけれど、状況は理解しているのかなぁ。奸臣たちに取り巻かれて、世界がわかんなくなっちゃうのかな。

 まあ、トヨタもたいへんだけど、じつは民放各局もうろたえている。オリンピックでごまかしているものの、こうなると、この事件、もうニュースで採り上げんわけにいかんだろ。でも、トヨタは、どこの局でも最大のスポンサーだぜ。バカみたいに朝から晩までCMを出稿してくれる。ドラマの中でだって、トヨタ車が事故を起こすことはないし、犯人が乗ることすらない。それくらい気をつかっている。でも、その会社がこのザマじゃ、どうしたらいいんだか。

 プリウスの一件もさることながら、レクサスの方は、原因が解明されるまで今すぐ使用を中止してください、というような大事故だ。昨年、8月末、カリフォルニア州でレクサスが突如190キロで暴走し、土手を落ちて炎上、一家四人が焼死。トヨタ側は、フロアマットのスレのせいにしているが、ベンツだって、そんなもの、ずれないように、きちんとピンがついている。なんでレクサスについてなかったのか。だいいち、ほんとうに原因はマットのズレなのか。そのとき運転していたのは、州警察のハイウェイパトロール隊員。運転のプロだ。それも、アクセルが故障してすぐに、911に非常電話をかけており、その死までの1分間弱の音声記録が残っている。トヨタの対応があまりにのらりくらりしているんで、その音声記録が、この一月末に全米のテレビで放送された。衝撃的だが、まずは自分の耳で聞いてみろ。これが、フロアマットのズレによる事故なのか。

http://www.youtube.com/watch?v=03m7fmnhO0I&feature=player_embedded

 事故の原因なんか、私にはわからんが、なんにしても社長としてはダメだな。雪印なみに危機管理がなってない。大騒ぎになっているときに、ダボスに行って、それもアウディに乗ってるなんて、それじゃ、世界中のマスコミに、自社の車はやばいらしいんです、って言ってるようなものじゃん。だれか社長を殴りつけてでもトヨタ車に乗せるやつはいなかったのかね。あれだけの世界的大企業で、そんなにトヨタって人材が薄いのか。

 なんにしても、こんなの担いじゃうと、末端の従業員が不幸だよなぁ。JALと同じで、トップが迷走すると、現場でリカバリーできることなんか、たいしてありゃしない。だいいち、営業マンにも、メカニックにも、電子制御システムの不具合の原因なんか、わかるわけがない。いまの時代、車に限らず、本社のごく一部の人間にしかわかんないようなものを、売っているんだし、こっちも毎日、平気で使っている。まして、広告代理店も、テレビ局も、なんだかよくわかんないけれど、スポンサーが宣伝したいって言ってくるものを、これ、とってもいいですよ、とか言ってって、みんなに勧めている。無責任なもんだ。

 日本じゃ、リコールの準備が整いました、なんていうCMとともに、平気でレクサスのふだんのCMも流れてたりする。この状況で、まだ新たに売る気かね。でも、トヨタがそれでいいっていうんじゃ、広告代理店やテレビ局としてもしょうがない。米国のCMは、もっとあわれで、アメリカのトヨタマンたちがいっしょうけんめい対応してます、って、情に訴えるものだ。米国の広告代理店なら、きっと、子供社長本人が画面に出て、自信に満ちて顧客に直接に訴えるものを第一に強く提案したはずだが、子供社長が拒否しちゃったんだろうなぁ。アメリカのテレビ局も、あんなCMじゃ、これからのニュース番組でのトヨタ事件公聴会の扱いに関して、みんな頭をかかえちゃうだろうなぁ。

 子供社長は、昨年の東京モーターショーでは熱く車を語りまくっちゃっていたけれど、やっぱり電子制御システムのこととなると、もうわかんないんじゃないかなぁ。あんだけべらべらしゃべってたくせに、米国議会で、日本人は寡黙なんだ、とか言っても、いまさらねぇ。

 でも、事件でも、事故でも、まして未来のことも、ほんとうはなんでもだれにもわかんないんだ。でも、そこで腹を括って、自分の責任の賭けて展望を語ってみせるからこそ、リーダーとして人望を集める。それができないなら、社長としては、まさにリストラ対象だ。大株主として自分の生活は確保されてるんだから、従業員たちの生活のために、人脈と人望のある奥田に早く「大政奉還」した方がいいよ。(奥田は賢明だ。そのときのために、いまは一切、事件に関わらないようにしている。そうでないと、いざというときに代打にならないから。)

 従業員も、関連会社も、日本製品の信用をウリにしているその他の多くの輸出会社も、いま、みんなそう思っているよ。わけのわからない意地を張っていると、JALなみに取り返しのつかないことになる気がするよ。それどころか、彼の公聴会での対応次第で、日本経済そのものの崩壊のきっかけになりかねない。しゃれになんないよな。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/