マーケットプレイスの1円本とぷちぷち

 職業柄、古本は、よく買う。ネットで検索ができるようになって、たいていの本はどこかで手に入る。しかし、近年、気になるのが、アマゾンのマーケットプレイスの1円本とプチプチだ。

 1円でも「配送料」が340円かかる。同じところでまとめて何冊か買っても、個別に加算される。しかし、文庫本なんか、郵便でも、メール便でも、「送料」の実費は80円だろ。「配送料」という言い方は、いかんのじゃないだろうか。手数料なら手数料と言えばいいものを、配送料などと言うのなら、配送の必要経費以外の残金を返せ、と思う。しかし、もし発送そのものにかかるなら、本体価格に合算表示をするのが当然だ。

 それと、ぷちぷち。エアパッキングのことだ。あんなの、これまでの古書店にはなかった。ところが、マーケットプレイスだと、丁寧に梱包、とか言って、たしかに丁寧に梱包してある。しかし、ブックカバー以上にいらんな。日本の優秀な配送で、CDだって割れるとは思えんのに、文庫本が引きちぎれるとでもいうのだろうか。ああしないと、文句をつけるバカがいるのか。

 で、1円本でエアパッキングしたら、コストが合わんだろ。やっぱり「配送料」というのがインチキくさい。なんにしても、表示1円で、実質341円という二重価格は、商法的、税法的に問題があると思う。

 yahooのオークションでも、送料を振り込むが、良心的な人は、実際には安く済んだ、と言って、切手を入れて返してくれる。悪いやつに限って、オークション価格を抑えて、送料で1000円とかふっかけている。人間性を疑うが、まあ、それ以前に、あまり関わりたくないタイプのやつらだ。

 アマゾンも、同じ手を使っている。それも、脱税のにおいがする。アマゾンが取っているのか、古書店が取っているのかしらんが、経費扱いにして、売り上げから控除しているのだろう。いずれ大問題になる。そうしたら、きっちり返金してもらうことにしよう。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/