師走はほんとうに走り回る

 とにかく忙しい。まさに師走だ。まず第一に、卒業研究。卒論を書くのは学生本人であるにしても、こちらも気が気ではない。毎年のこととはいえ、それぞれの学生からすれば、一生に一度の論文だ。きちんとしたものに仕上がるようにしてあげたいと思うのだが、自分が書くわけではないだけに、とてももどかしい。

 もちろん、その他の講義も、あと数回で、1月末に試験やレポートになる。その連絡手配をしないといけない。講義アンケートなどというのも、全部のコマでやらないといけない。控除の確認だの、保険の確認だの、事務系の書類もある。くわえて、うちでは学年度予算の多くが、暦年内で締められてしまうので、経理関係もいろいろ。そのうえ、入試はもちろん、早くも来年度のゼミだの、シラバスだの、あれこれ教務関係も年内に書類を提出することになっている。ただでさえ、事務仕事は苦手なのに、これでは、もうしっちゃかめっちゃか。

 さらに、年明け早々に集中講義に呼ばれている。まあ、学生が待っているのだから、行かねばならぬが、寒い。集中講義となると、レジュメも全部まとめて渡さねばならない。教材も、パワーポイントで仕上げておかねばならない。こんな調子では、正月もなにもあったものではない。