X3Dのプラグイン4

 Flux/Vivatyと双璧なのは、Octaga。ここは、自分のコンポーザーにだけ対応している飛び出すX3Dみたいなものを作って稼ごうとしている。プラグインも、いちおうは無料だが、画面にロゴが入る。金を出したら消してやるよ、なんて、書いてある。うざい。上下判別は、Vivatyよりしっかりしているが、そもそも、ポリゴン数が少なく、インラインの階層が浅く、あちこち部品が欠ける。こんなものに金を出すやつはいない。

 3つめは、Instant Player。やっぱりしょせんはベータ版。実際、表示がどうにもおかしい。アンインストールした。

 4番手は、BS Contact。質は、Octaga以下。かなりしばしば、致命的に部品が欠ける。そのくせ、ロゴが画面の上を勝手に走り回り、これはお試し版じゃ、はよ金払え、と催促してくる。会社の対人感覚が最悪。こんなの、すぐにアンインストール。

 最後は、FreeWRL(フィリーワールド)。 あれもできません、これもできません、と言うだけ、正直。でも、やっぱり変。

 ようするに、まともに使えるプラグインなんか、ひとつもない。これらの中では、インストールがわかりにくいが、Vivatyがまだまし、というところ。でも、上下判定を間違えるところをみると、かなり根本的な欠陥がある気がする。有料だったら、絶対に買わない。

 なんにしても、ヴューワーが普及していないんだから、ネットでX3Dを使うことも、まずない。だったら、Light Waveあたりでしっかりとレンダリングした方がいい。とはいえ、カメラ位置だの、レンズ画角だの、シュミレイションするには、直接に数字をぶちこむX3Dは、なかなかおもしろいんだけどね。

純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/