オストラニェーニエとヴォルター・ザラーテ1

 日本で高尚な文学として評価が高いのは、じつのところ、それらしいものだ。まあ、芸大の油彩を受けるなら、芸大っぽいパレットナイフのタッチがいいだろうし、師範大なら、師範大っぽい汚泥色の方がウケがいい、ということになっている。同様に、文学者として認められるには、いかにも文学者っぽい作品を書ける、ということが重要なようだ。

 しかし、この日本の文学っぽいというのは、世界の中では、かなりズレている。にもかかわらず、それが日本っぽい、と思われて、ウケている。しかし、その日本っぽさは、日本らしいものではなく、むしろヨーロッパっぽいものを真似た結果であって、本来の日本らしいものとはかけ離れている。

 ようするに、日本は、日本だけは、なぜか古臭いロシア・フォルマリズムが残ってしまったのだ。大江も、村上も、それで思考停止してしまった。他の国が、その先へ突き進んでいるのに、いまだにヴァージニア・ウルフのような路線を保守している。ややこしいことに、これが、中国でもとっくに滅びてしまった禅文化に見た目が似ており、それでチヤホヤされて、勘違いが一向に直らない。

 その原理は、シクロフスキーのオストラニェーニエ(異様化)だ。シクロフスキーは、詩的言語の原理として、このオストラニェーニエによる語りの形式への啓発を説く。彼は、その例として、トルストイを挙げるのだが、その分析は、いかにも浅薄だ。それどころか、シクロフスキーの芸術的な無能さ、クリェイティヴィティの無さを露呈してしまっている。トルストイが、馬のようなアンリライアブル・ナレーターを利用する目的がまったく理解されていない

純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/