アンリライアブル・ナレーター(当てにならない語り手)1

 探偵が犯人ではない、というのは、デテクション(謎解き)とは関係のないスタイル(話体)的なドグマだ、という話をした。そして、実際、探偵がじつは犯人であるデテクションは存在し、デテクションとして成立している。

 第一は、ナレーターが探偵本人ではない場合(たとえばワトソンのような探偵の相棒である場合)、探偵が犯人でありうる。相棒ですら知らない秘密を抱えながら捜査している、というわけだ。

 第二は、第一ともかぶるが、探偵自身が、自分が犯人であったことを自覚していない場合。したがって、相棒も知らないだろう。これは、記憶喪失、というのが、もっとも簡単なプロット。しかし、いまさら、あまりおもしろくない。故意ではなく、因果が巡って、じつは、というような意外性があってこそ、探偵が自分の罪に驚愕してこそ、デテクションの魅力というものだ。

 第三は、探偵がナレーターであり、最初から自分の罪を自覚しつつ、しかし、読者にもそのことを明かさず、むしろすべてを隠蔽すべく行動していく場合。こういうのを、「アンリライアブル・ナレーター」という。つまり、全編が嘘つきの嘘でできている、という話だ。

 しかし、全部が嘘なのは、すべての小説も同じ、ということになりはしないか。ここで注意すべきは、作者と、登場人物でもあるナレーターとの違いだ。アンリライアブル・ナレーターの場合、作者は、嘘つきの登場人物を正直に描き出していく。つまり、作者は介入することなく、ナレーターにあえて好きに嘘をつかせる。だから、そこに破綻が生じてくる。

 普通のデテクションであれば、犯人の嘘が破綻してくると、すでに途中でも、相棒なり、探偵なりが、そこを突いて、裂け目を大きくしていくが、アンリライアブル・ナレーターの場合、だれかに疑われているとすら思っていない。いや、たとえ疑われていると思っても、そのことを読者に知らせてしまって、読者に疑われるようなことをしたりはしないだろう。いやいや、あえて読者に自分が疑われることを知らせて、その疑いがいかに的外れか、語るかもしれない。

 これは、メタなデテクション、というわけではない。あくまで一般のデテクションの地平で繰り広げられる心理戦であり、犯人捜しのふりをしながら、読者を巻き込んでいくものである。というのも、アンリライアブルなことこそが、謎の核心なのだから。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/