ミッキーマウスのオカルト1

 オカルト、などと言うと、すぐに頭の悪い連中が飛びついてくるので困る。連中は、それを、アホな実利的黒魔術かなにかだと思っている。だが、この分野は、そんな浅はかな発想で歯がたつようなものではない。

 で、ミッキーマウスだ。どのディズニーランドでも、パレードをやる。昼も、夜も、やたらやる。その先頭にミッキーマウスがいる。このパターンは、しかし、ルネッサンス以来の、それどころか、古代ギリシアからの伝統だ。

 日本語で「百鬼夜行」というが、ヨーロッパにも、それがある。地獄の門が開く晩。5月1日、6月23日夏至、8月15日、11月1日(万聖節前夜のハロウィン)、12月25日、1月1日、そして、2月末のカーニヴァル。いずれもその前日の日没から、季節不詳となり、これらの晩には、ろくでもないものが街中を徘徊する。

 その先頭に立つのが、黒いアルルカン。地獄の使者だ。錫杖をもって、派手なつぎはぎの服を着ている。後ろには山車が続く。棺桶の上に赤ん坊たちが乗っている、というのが、もっとも象徴的なスタイルだ。

 興味深いことに、中国や日本にも、きわめて似た習俗がある。旧正月の鬼払いや、真夏の盆踊り、秋のだんじりなどがそうだ。これらの行事とはかならずしも重ならないが、土用というのも、季節を持たない日とされ、各季節の直前の18日間、つまり年4回ある。そして、土用は、地蔵菩薩の日とされる。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/