コスモファージ1

 宇宙喰い、のことだ。だが、SFの話ではない。ソンタグゾンターク)のサルトル批評として出てくる。

 サルトルは、ジュネという最低の俗物に執着した。サルトルに言わせれば、彼がまさに実存的だから、だそうだ。あれと思えば、これになり、これと思えば、それになる。次から次へとメタモルフォーゼを繰り広げ、とらえどころがない。そのとらえどころのなさをとらえようとしたのが、何の役にも立たない長大なサルトルの評論。

 ソンタグは、これをコスモファージと呼んでいる。意識の人肉喰い(アントロファージ)だ。その人の世界観を丸呑みして、自分のものであるかのようにしてしまう。そう言えば、知ってか知らずか、『千と千尋』に出てくる顔なしも、なんでも喰ってしまう化け物だった。

 彼女の別の論文では、レヴィ=ストロースサルトル批判を踏まえて、ヘーゲル的なホット・ソサエティと呼ばれている。それは、自分を他人においてしか発見することができず、絶えずそれを呑み込み続けて「進歩」しなければ死んでしまう。それは、ナポレオニズムであり、大英帝国であり、ナチや八紘一宇の発想だ。

 そのような社会の根底には、このようなコスモファージの哲学がある。サルトルが自覚したように、そのような国、そのような人物は、存在しているだけで、何者でもない。空っぽの化け物だ。自分のものがないわけではないのだろうが、なんの価値もない。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/