物語における人格分離不全1

 ディズニーのアニメイションでは、その初期から、キャラクターごとに異なる別のアニメイターが就く、という特徴的な制作方法を採ってきている。たとえば、『白雪姫』では、ハミルトン・ラスクがマージ・ベルのライヴ・アクション(実写)から白雪姫をリアルに描き起こす一方、ノーム・ファーガソンが女王/魔女を得意のおどろおどろしいメタモルフォーゼでのたうたせ、、若手のフレッド・ムーアらがコミカルな小人たちを画面いっぱいに転げまわらせた。

 もちろん、こうなると画面の中に、統一感などない。マージ・ベルは、フットボール・ヘルメットで頭を大きくして、六頭身まで落としたが、それでも、二頭身の小人たちとは較べようもない。まして、アクションとなると、ライヴから起こしたものと、紙の上で自由に飛び跳ねるものとでは、放物線からして異なる。でも、そんなことは問題にならなかった。

 もともとディズニーは、生音に絵をシンクロさせる技術を持っていた。したがって、実写から起こした絵に、手描きの絵をシンクロさせるのは、彼らならばできた。(これは、実写の段階で、音楽同様にメトロノームを用い、アクションそのもののコマ数を正確に記録していく方法で、ラスクがこれを実現した。)

 もっとも、このようなキャラクター分割は、ディズニー・アニメイションがいち早くセルを採り入れていたことにもよる。それ以前は紙だったが、透明セルであれば、キャラクターごとに手分けして作業し、重ねて撮影すればいい。それに、この方が、画面に奥行きが出せる。(やぐら型のマルチプレーンカメラで、実際にセルごとにレンズからの距離を変えて、階層上に配置し、うまく深度ボケを起こさせた。)

 このキャラクターごとの制作分業は、今日、CGでは、むしろ当然のものとなった。言わば、それぞれのキャラクターごとにメイクや衣装、演技指導が付くようなもので、そうでないと、それぞれの表面質感や体躯構造が異なるために、1体を動かしきれないのだ。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/