キャラクターの自律と人格的錬金術1

 夜、花火が終わった後の人混み。車でその中を進んでいく。途中、その人混みで急いでいるにもかかわらず身動きがとれずに困っていた、見知らぬ連中を乗せてやった。しかし、三人は、たがいには知り合いではないようだ。そのうえ、その中の二人が、タバコを吸わせろ、吸うな、と言ってケンカを始めた。助手席のもう一人が一喝して収めた。私はそろそろ目的地に着くのだが、助手席の男は、どうしても先を急ぐ、と言う。しかし、私の車だ。すると、男は財布から四、五枚のクレジットカードを取り出した。どれも、ゴールドやブラック、プラチナだ。そして、車は後でかならず返す、と言う。カードなど再発行可能だ、とは思ったが、その誠実さと真剣さを感じ、その男を信じることにした。

 というのは、すべて自分の夢の中の話だ。内容についての夢分析はともかく、こいつらは私の夢の中のキャラクターでありながら、私とは独立している。それどころか、私の考えよりも、先へ行っている。私だって、飲み屋のツケ代わりに会社の名刺を置いてくる、という話くらいなら聞いたことがあるが、クレジットカードを差し出す、などというのは、聞いたこともないし、考えたこともない。いったい、こいつらは、何者なのだろう。いったい自分はだれを信用したのだろう。

 小説においても、登場人物の練り込みができあがってくると、ある瞬間から、作者の意図に関わりなく、キャラクターたちがかってに動き出す、という話をよく聞く。実際、そうだ。連中は作者の思いもしないことを始める。作者は、それを追っかけていくだけで、せいいっぱい。それぞれがそれぞれにかってに同時に動くから、書くのが追いつかない。どう整理して、どの順序で読者に提示すればいいのかわからない、ということが起こってくる。

 フッサールは、第三段階の現象学的還元において、共同主観の問題を採り上げた。ようするに、社会を自己の中に取り込んで再定位させる、という話だ。つまり、自分にとっての他者とは、もともと本来の他者そのものなどではなく、それぞれの他者として再統合された自己の一部であって、試行錯誤で擬似的なコピーを取り込んで保持する。

 ユンクに言わせれば、こういう原型(アーキタイプ)が文化的にアプリオリ(非経験的、独断的)いくつかあって、その細分化によって、個別の他者像が形成される。この原型というのが、人類普遍なのか、個別文化なのかはよくわからないが、たしかに、それぞれの文化の物語コードはこのような原型を含み、そのさらなるプロトタイプは、人類普遍であるようにも思える。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/