スリラーとホラーのちがい1

 学生たちと話していてよく問題になるのが、スリラーとホラーの違いについてだ。直感的には、両者が違うのはわかるのだが、説明するとなると曖昧で、実際、世間ではかなり混同されている。とくに、恐怖というと、英語では、ホラーのほかに、フィア、テラー、チラー、ディラー、ドレッド、フライト、オー、等々、いろいろあるが、そのニュアンスまで日本語では区別しがたい。

 ホラー、という言葉で有名なのは、言うまでもなく『闇の奥』、ないし、それを原作とする『地獄の黙示禄』だ。あの最期の言葉は、「ホラー」であって、絶対に「スリラー」や「フィア」ではない。ホラーは、身の毛もよだつ、というのが原義だが、たんなる恐ろしさではなく、忌まわしい、というような嫌悪感が伴っている。しかし、では、なにが忌まわしいのか。

 学生が直感的に言うには、モンスターや亡霊が出てくるのがホラーだそうだ。でも、マイケル・ジャクソンの歌は、スリラーじゃなかったか、と聞き返すと黙ってしまう。まして、欧米の映画では、悪魔、というやっかいなものが出てくる映画が多くあり、これはスリラーではなく、ホラーだ。他方、サイコパス精神病者)が出てくるのは、サイコ・スリラーであって、サイコ・ホラーというのは、あまり聞かない。

 ハイデッガーは、恐怖と不安とを区別している。恐怖というのは、世界内のなにかに対する、つまり、特定の対象に対する恐怖だ。これに対して、不安というのは、恐怖の対象が欠けている。むしろある世界内に自分が存在していることそのものの恐怖だ。

 スリラーとホラーの違いも、ほぼこの区別に対応している。スリラーにおいては、モンスターにせよ、サイコパスにせよ、恐怖を与える対象が明確に存在している。しかし、ホラーは、それがまさに不明確であることが恐怖であり、不安となる。だから、闇の奥にあって、その底に沈みゆく男は、スリラーではなく、ホラーを恐れる。『シックス・センス』なども、数々亡霊の登場はスリラーにすぎないが、主人公自身の立場そのものに関わるがゆえに、ホラーとなる。

つづく。


純丘曜彰ブログ速報版はこちら:http://sumioka.justblog.jp/blog/