映画学科のクリスマスパーティ

今日はマインツ大学映画学科のクリスマスパーティ。ケータリングで豪華な料理も来て、学科の教授や講師、研究生はもちろん、つながりのある他の学科の教授も参加。まあ、日本の忘年会のようなものだが、食事中も研究絡みの話が多いかな。

息子がトレッカー(スタートレックマニア)の映画学科講師なので、その父親の哲学科のラウシャー教授も来ていた。話を聞いたら、ヴィットゲンシュタインの言語ゲーム論から映画・現代メディア論の研究にシフトしたとか。似たようなアイディアをお持ちだったので、とても興味深く話を伺った。今度、山の上のキャンパスの方にも遊びに行ってみよう。