『ブレード・ランナー』

今日のキーファー博士の講義は、『ブレード・ランナー』。言わずと知れたカルト映画。それも、例のボックスを持ってきた。マニアックだな。

人間のホンモノとニセモノが入り乱れておっかけっこする鬼ごっこ映画。ごちゃごちゃとわけのわからないものが意味深に入っているが、『ツィン・ピークス』と同じで、どうでもいいや。