スコセッシと都会の孤独

 今日のキーファー先生の講義は、スコセッシ。とはいえ、ヴィクトル・ユーゴーから話が始まる。そして、スコセッシの『ギャング・オブ・ニューヨーク』へ。たしかにそのとおりだ。そして、i『タクシー・ドライバー』ではなく、『ミーン・ストリート』からだ。中身は、いわゆる疎外論だが、抽象的な社会学者より、考察にリアリティがある。