メールのエンコードの直し方

 先日、ある人から、メールが文字化けしていて読めない、と言われた。様子を聞くと、文字化けではない。エンコードがずれているだけだ。

 まあ、わからないのも、わからないではない。オフィス2007になって、アウトルックのコマンドメニューがわかりにくくなった。そのうえ、このアプリケーションは、しばしばエンコードの自動選択に失敗する。とくに、オプションで、なぜかシフトJISを指定してしまってあるメーラーを使っている人からは、「文字化け」だ、と言われることになる。

 アウトルック2007のエンコードの直し方は、まずメッセージをダブルクリックして単画面に。メッセージと書いてあるタブのような部分をクリックして、クイックメニュー(アイコンが並んでいるメニュー)を表示させる。「アクション」の中の「その他のアクション」をクリック。すると、その下に「エンコード」がある。そのダウンメニューの中の「日本語自動選択」をクリック。すると、正しいエンコードが再選択される。これで保存。

 もし自動選択でうまくいかなければ、エンコードの中のその他のEUCかなにか適当にやってみる。

 本当の文字化けは、むしろ文章の一部分ないし途中から後が化ける場合であって、全文が読めないのは、ほとんどこのエンコードの自動選択の失敗だ。