本の編集

 久しくブログの更新ができなかった。というのも、急ぎで本の編集の仕事が入ったからだ。友人が文庫本を出すというのだ。うちのオフィスでは、装幀デザインと入力オペレーションをまとめて請け負っている。がちゃがちゃと赤で指示を出すより、自分でIndesignに流し込んでみて、様子に合わせて直した方がてっとり早いからだ。

 昔の単行本を文庫本にするのだが、これが世間で思うほど簡単なことではない。一行の字数が変わると、行数も、頁繰りも、想像を絶して変わってくる。どうせなら、この機会に、よりよいものにしよう、ということになったのだが、内容的な事情で、作字の量が半端ではない。そのうえ、ルビもとてつもない量だ。

 また、カバーなども、文庫本となると、シリーズの統一デザインの規定がある。それが6月に大幅に変わるとかで、まだ決まっていないらしい。だが、私の方の都合もある。こんな面倒な仕事をドイツまで持って行くわけにはいかない。画像処理なども、高速デスクトップ機でなければ、とうていできないデータの巨大さだ。ばらばらの部分だけでも仕上げてしまうことになる。

 なんにしても、とにかく、どうにか終わった。あとは、編集担当のチェックで、誤字脱字等々を直せばよいだけのはずだが。。。