マンガの原理

f:id:ProfDr_SUMIOKA:20080108072530j:image

f:id:ProfDr_SUMIOKA:20080108072722j:image


 どういうわけか、赤いスーツの男が前に飛び出る。しかし、よく見ればわかるように、この二枚の絵は、じつは同じもので、人物の色を塗り替えただけだ。どうして、2人が着替えた、とは考えず、移動した、と思うのだろうか。

 これは、哲学的に重要な認識錯覚の一種だ。一般には、カントの言うように、我々は、感性形式、つまり、絶対座標となるべき時空間の中で対象を認識しており、同じ場のものが同じものであるとされる。別の場なら、別のものだ。(ライプニッツの同一性原理も参照せよ。)ところが、マンガでは、悟性認識による対象の同一性が優先されてしまう。そして、対象を同一であるとしてしまったために、時空間の方がずれた、と感じられる。

 つまり、赤いスーツの男が同一である以上、次の絵で、同じ時、同じ場所にいないのはおかしい。それで、前の絵から次の絵へは時間と場所が変わったにちがいない、とかってに納得して認識する。

 知ってのとおり、アニメーションは仮動原理に基づくが、マンガはこのように仮同原理に基づいている。マンガがキャラクターなしに成り立たないのも、このためだ。