物語と現実の構造

 現実には、行動しかない。発話も行動の一種だ。しかし、行動は、規範によって意味づけされ、理由や意志、目的の連関を構成している。つまり、存在(ザイン)に対して、当為(ゾレン)がある。また、行動のなかでも、発話は、志向性を持つ。(思考や思念もそうだが、これは、実際には仮想的であることの方が多い。つまり、実在しなかったのだが、実在したとして説明した方が説明しやすい、という都合による。)

 さて、これが物語(小説)になると、3つの層をなす。第一が、行動(事実状況)の描写。第二が、発話言語引用。つまりセリフ。そして、第三が、当為や過去、その他に関する関係節の説明だ。

 映画(アニメ)の場合、関係節が落ちる。もちろんナレーションを入れる手もあるが、うざい。だから、本来は、関係節に相当するものをエピソードに展開する、または、セリフのニュアンスに繰り込む、というのが筋だ。(たとえば、『プラダを着た悪魔』は、女編集長が秘書に仕事を指示する最初の1分で、彼女の家族関係から生活選好までセリフのニュアンスだけで語ってしまった。すごい!)

 ところが、出来の悪い脚本では、関係節をセリフに繰り込む。アニメはこれが多い。だから、やたらバカみたいにセリフが長い。(「ああ、これがさっき、とうさんの言っていた操縦マニュアルだな。」とか。現実には、こんな説明調の長セリフを語るやつはいない。)しかし、その一方、不思議なことに、マンガには長セリフは少ない。その最大の理由は、吹き出しに入らないからだが、では関係節をどう処理しているのだろうか。

 現実には、行動しかない。発話も行動の一種だ。しかし、行動は、規範によって意味づけされ、理由や意志、目的の連関を構成している。つまり、存在(ザイン)に対して、当為(ゾレン)がある。また、行動のなかでも、発話は、志向性を持つ。(思考や思念もそうだが、これは、実際には仮想的であることの方が多い。つまり、実在しなかったのだが、実在したとして説明した方が説明しやすい、という都合による。)

 さて、これが物語(小説)になると、3つの層をなす。第一が、行動(事実状況)の描写。第二が、発話言語引用。つまりセリフ。そして、第三が、当為や過去、その他に関する関係節の説明だ。

 映画(アニメ)の場合、関係節が落ちる。もちろんナレーションを入れる手もあるが、うざい。だから、本来は、関係節に相当するものをエピソードに展開する、または、セリフのニュアンスに繰り込む、というのが筋だ。(たとえば、『プラダを着た悪魔』は、女編集長が秘書に仕事を指示する最初の1分で、彼女の家族関係から生活選好までセリフのニュアンスだけで語ってしまった。すごい!)

 ところが、出来の悪い脚本では、関係節をセリフに繰り込む。アニメはこれが多い。だから、やたらバカみたいにセリフが長い。(「ああ、これがさっき、とうさんの言っていた操縦マニュアルだな。」とか。現実には、こんな説明調の長セリフを語るやつはいない。)しかし、その一方、不思議なことに、マンガには長セリフは少ない。その最大の理由は、吹き出しに入らないからだが、では関係節をどう処理しているのだろうか。