B プラトン (Platon 427-347BC)

 プラトンは、アテネ王の末裔に生まれたが、王家などはるか昔になくなっており、むしろ彼の家庭は母が再婚したこともあって、母方の関係が強く、ソロン以来の正統民主派に属し、名門ながら特に豊かというわけでもなかった。また、彼が生まれたころは、すでにアテネは全盛期を過ぎて、スパルタとペロポンネソス戦争に入っていた。彼は、家柄にふさわしい一般教養を身につけ、とくに文学、詩や演劇に関心をもっていたらしい。

 身内の年長者たちの中にはソクラテスと親しく接触し、弟子となっていた者もいたが、プラトンも二十のときに六十二のソクラテスと出会い、その言葉に感銘を受けて、自作の悲劇作品を焼き捨て、彼の門下に入ったと言われる。

 その後、アテネはスパルタに破れ、ソクラテスの弟子たちによる反動政権が樹立されるが、この中にはプラトンの身内の者も少なくなく、彼も参加をさそわれ、また、彼自身もこの政権に放埓だった国家の倫理的再建を期待していた。ところが、事態を見守るうち、その恐怖政治の実体をみせつけられて失望し、また、師ソクラテスまでも利用していると憤りを覚えたらしい。そして、この反動政権の崩壊後の政治的混乱の中で、彼は政治への意欲を高めたのである。

 だが、彼が二十八の時、師ソクラテスもこの混乱にまきこまれ、あらぬ告発を受けて死刑となるという事件を目の当たりにして、政治の難しさを痛感し、スキャンダラスにただ騒ぎ立て、支離滅裂にものごとをひっかきまわす人々を嫌い、真の政治は哲学なしにはありえないと思うようになった。また、弁明の機会、逃亡の準備がありながら、みずから死を選び、毒杯を手にした師ソクラテスの行動は彼の心に大きな謎を残し、彼をソクラテス研究へと向かわせた。そして、他のソクラテスの仲間や弟子の何人かとともに隣国へ逃れ、また、エジプトなどにも旅をしつつ、この間に、『ソクラテスの弁明』を始めとするソクラテスを主人公とした初期対話篇を執筆し、ソクラテスの思想を自分のものにしていった。

 一方、ソクラテスの他の弟子たちの中には、自分なりの一派をなす者も現われ、これらは「小ソクラテス派」と呼ばれた。そのひとつは《キュニコス犬儒)派》と呼ばれ、禁欲主義的であり、また、ひとつは《キュレネー派》と呼ばれ、快楽主義的であり、もうひとつは《メガラ派》と呼ばれ、論争主義的であり、さらにもうひとつ《エリス派》と呼ばれるものもあった。それらは、たしかにそれまでのソフィストたちと違って実践的な活動を重視したが、しかし、また、それらはそれぞれ、犬のように暮らし、現世より天上界的幸福を求め、浅はかで小賢しい知識を破壊したソクラテスの表面的な一面のみを継承したものにすぎず、その思想的な奥行に関して、とうてい師ソクラテスに及ぶものではなかった。

 プラトンは各地への遍歴の後、四十にしてアテネへ戻り、その郊外に「アカデメイア」という学園を設立し、哲学研究と理想の政治家の育成にあたった。その入口には「幾何学を知らざる者、この門を入るべからず」と書かれていたように、ここではピュタゴラス的な算術や数学、天文学音楽理論なども哲学の予備学として重視されており、多くのすぐれた数学者や天文学者もここから世に送り出された。また、この時期に、『国家』を始めとする中期対話篇が執筆され、ここでは、ソクラテスが主人公とされてはいるものの、プラトンの中心思想である《イデア論》に関して、政治論や認識論、霊魂論などの関連において積極的な展開が行われ、円熟を深めた。

 こうして彼は研究と教育と執筆の日々を送っており、このころ若きアリストテレスもアカデミアに入門してきたが、プラトンが六十の時、南イタリアのシシリア島にある弟子の国で老王が死去し、若い王が王位に就いた。その弟子は師プラトンの理想国家を実現すべく努力し、プラトンをこの王の教育のために招いたのだが、この弟子は陰謀によって追放され、プラトンも王によって強制的にその国に止められることとなってしまった。だが、彼はその王の素質、人柄に失望し、いったんはなんとかアテネに帰国したものの、この王はその弟子の処分でおどし、ふたたびその国に無理やり招いた。しかたなく渡航したが、話はさらにこじれてプラトン自身も監禁されることとなり、外交的に脱出して、ようやくアテネに戻ることができた。その後、この弟子はアカデメイアの学徒たちの支援のもとに、この国を急襲し、王を追放して民主新政権を樹立するが、数年後には仲間から暗殺されてしまった。このような多忙の間にもプラトンの執筆活動は続けられ、『ソフィステス』など、後期著作が記された。ここでは、もはやソクラテスは主役ではなく、また、その文体も対話より一人の叙述の方が大きな部分を占め、内容的にも自然論、宇宙生成論、非在論など、非ソクラテス的、むしろ、ピュタゴラス的なものが入ってきている。

 そして、彼は、八十才にして、執筆中に死んだとも言われる。アカデメイアプラトンの甥が継ぎ、それまで中堅として活躍してきたアリストテレスはこれを機会にアテネを去っていった。

 プラトンの哲学は、師ソクラテスの死の謎に始まり、ソクラテスその人を研究し、その思想を消化していくことによって、新たにひらかれたものである。だが、ソクラテス著作を残さなかったために、どこまでが師ソクラテスの思想の再録であり、どこからがプラトンの独創であるのかはわからない。そして、これは、弟子プラトンが師ソクラテスにまつわるさまざまな誤解に基づく中傷を弁明するためにソクラテスの真の見解を公開したのだとも、また、若きプラトンが自説を権威づけるために著名であったソクラテスの口を借りて語らせたのであるとも言われる。

 それゆえ、彼の思想は、ソクラテスと同じく、多分に宗教的、オルフェウス教的であり、独断的な形而上学に支えられている。しかし、多少、推測を交えて言えば、ソクラテスが〈魂の浄化〉という実践面ばかり重視し、現世的知識に対する破壊的議論に終始したのに対して、プラトンピュタゴラス的に教義的理論面も尊重し、存在論や認識論の場面で、その教義を論証する積極的、建設的議論を展開したと言えるだろう。すなわち、魂は肉体という牢獄にあり、それゆえ、現世的な知覚は虚妄ではあるが、純粋な思惟、魂の目によっては天上界的な〈真実在〉をも知ることができ、そして、この世のさまざまな物も、まさにその〈真実在〉の影響によってこそそのようであることができるのである、とされた。

 つまり、彼の哲学の基本構図は現世界と天上界の《二世界説》である。そして、さらに、人間と他の諸物の《二世界説》がこれに交差する。魂は本来は天上界に属するのであるが、現世界の肉体の中に閉じ込められているのであり、他の諸物も天上界のそれそのものを範型としてできている。肉体の中の魂は現世界の諸物を肉体を介して知覚しても虚妄でしかなく、いったん天上界の範型を経てこそ真に知ることができるのである。

 このことはしばしば三角形を例にして主張される。すなわち、現世界にある三角形はなんらかの特定の角度や辺の長さに固定されたものでしかないが、純粋に思惟することによって、三角形一般の特徴と性質を知ることができ、これを知っていてこそ、多様な三角形も理解できるのである。というんも、現世界の多様な三角形もまた、この理念的三角形を範型とし、その特質を分有しているからに他ならない。

 もちろん、このような天上界と現世界、人間と諸物という二重《二世界論》における《存在論》、《認識論》は、魂と肉体、イデアと諸物の四つの世界の関係において複雑な問題を持つ。これに関して、彼は、基本的には、魂の現世の存在に関しては《肉体牢獄説》、イデアと諸物との存在に関しては《離存分有説》、魂によるイデアの認識に関しては《想起説》をとっていたと言うことができる。肉体と諸物の関係は虚妄でしかないが、肉体と諸物との関係は、魂とイデアとの関係に比喩(アナロジー)される。これらの関係を図示すれば、次のようになる。

          天 上 界

     〈イデア〉  ←  〈 魂 〉

          《想起説》

《離存分有説》↓         ↓《肉体牢獄説》

          現 世 界

     〈 諸物 〉     〈 肉体 〉