【「汝自身を知れ gnothi seauton」】

 (プラトンプロタゴラス』)

 七賢人の最初の知恵の実りとして、デルフォイアポロン神殿に捧げられ、その玄関の柱に刻まれていた言葉。一般には[身の程を知れ]という程度の処世訓と解されていた。

 しかし、ソクラテスはその神殿から「ソクラテス以上の賢者なし」という神託を受け、この神託の謎を真剣に考え、この玄関の言葉を[人間はすべて自己の魂を探求すべきものなのだ]と解し、自分が人にまさるのはまさにこの点においてであると理解した。そして、彼はますます自信をもって、哲学的活動を進めていったのである。