A ソクラテス(Sokrates 470-399 BC )

 ソクラテスは、アテネのかつては貴族だった家系に生まれ、父は彫刻師、母は産婆をしていたという。彼は、アナクサゴラスの弟子に自然学を学び、また、パルメニデスをはじめとして多くのソフィストたちからも学んだらしい。

 彼の様貌は獅子鼻に太鼓腹と、大変に醜悪であったが、身体は異常に屈強で、暑さ寒さ、飢え渇きにまったく無感覚、ふだんはボロをまとい、はだしで歩き、酒はいくら飲んでも酔わないというとんでもない鈍感な奴だった。そして、突然に思索を始めると、我を忘れて微動だにせず、一昼夜、同じ場所に立止まったままでいたこともしばしばだった。また、彼は子供のころからダイモニオン(神霊)の声が聞こえると言い、それに倫理的に導かれていると考えていた。思索の発作のからしても、彼になんらかの脳疾患、精神異常性があったのではないか、という人もいる。ついでながら、彼の妻クサンティッペも、最低の悪妻として歴史上にも有名である。

 彼は、ソフィストのひとりではあったが、他のソフィストたちのほとんどが啓蒙的合理主義者であったのに対して、彼は反動的宗教主義者であったという意味では反ソフィスト的であり、また、ソフィストたちが民主主義者で、誰にでも謝礼をとって教えていたことを貴族主義者として軽蔑し、彼はかなり裕福で、働く必要もなかったので、ひまつぶしがてらソフィストたちはもちろん街頭の人々にまでも論争をしかけ、その小賢しさを論破して悦にいり、人々からは〈ソクラテスの皮肉〉と言われていた。こうして良くも悪くも名をあげ、一般にソフィストたちがそれぞれ一匹狼として党派をなさないのに対して、彼は若くして多くの弟子たちをかかえ、民主主義化の傾向に不安を持つ保守反動貴族主義者たちの支持を得てしだいに一派をなすようになっていった。

 とくに、彼が三十五才のころ、弟子のひとりがデルフォイ神殿で「ソクラテス以上の賢者なし」との神託を受けてからのちはますます神がかり、みずから「ディオニソスののりうつり」と称して、人々に哲学、すなわち、純粋に知を愛して〈魂の世話〉をすべきことを説き、これを生涯の使命とした。

 だが、彼はおよそ潔癖で宗教的な聖人君子などではなかった。美少年アルキビアデスをいつも身近にはべらせ、スパルタとのペロポンネソス戦争にも従軍して異様な忍耐力で勇敢に戦い、六十代には参政議員となって政治に参画し、さらに、自分の有能な弟子たちをも権力ある地位に仕官させようと、非常に熱心であった。

 政治家となった例のアルキビアデスの失策によって、結局、アテネはペロポンネソス戦争に破れ、貴族主義的なスパルタ傀儡政権が樹立されたが、この反動政府はまさにソクラテスの弟子たちによるものだったのである。そして、彼らは、戦犯として反対者をつぎつぎと逮捕、処刑する恐怖政治を行い、多くの人々が亡命を強いられた。この中には、ソクラテスみずからが動いたらしい事件もある。また、若きプラトンもこの政権に参加するよう、勧められていた。

 この反動傀儡政府はもちろん大変な不評であり、亡命者たちのクーデターによってすぐに覆され、スパルタもしぶしぶ承認して、もとの民主制に戻された。その後もスパルタの監視下にあって、こうした裏切者たちに直接的な復讐はできなかったものの、さまざまな言いがかりをつけて糾弾し、迫害する風潮が生じた。そして、このような出来事のひとつとして、ソクラテスの死刑という事件も起こったのだ。

 裁判における彼の弁明は、プラトンによって有名だが、小説化されているために、どこがソクラテス自身の発言の記録で、どこが後のプラトンによるソクラテス弁護なのか、不明確である。いずれにしても、彼は信仰異端と有害な教育という2つの罪で告発されたのだが、彼は、このような告発は彼の思想的活動に対する怨恨に基づくにすぎない、とし、また、自分は政治にはほとんどかかわらなかったし、あの反動政権にも自分は利用されたにすぎず、彼らにはまったく協力しなかった、だから、へたをすればむしろ自分も彼らに殺されていたかもしれない、と弁明した。その真偽の程はともかく、陪審員たちは有罪、死刑の判断を下した。彼は告発者や陪審員たちを呪い、弟子たちによって逃亡の準備が整えられていたにもかかわらず、オルフェウス教の《肉体牢獄説》《魂の不死》を信じて、みずから毒杯を仰ぎ、七十の生涯を終えた。

 彼は、若い頃は、ミレトス派的自然学やソフィスト的論理学を愛好したようだが、後には、きわめて宗教的になり、オルフェウス教の教義に基づいて、肉体という牢獄における永劫の《輪廻転生》から脱して、魂の本来の住み家である天上界に帰るための《魂の浄化》がその中心目的となり、これは、〈無知の自覚〉として実践された。というのも、彼はあの「ソクラテス以上の賢者なし」というデルフォイ神託の意味を真剣に自問し、自分のような愚かな者が人にまさるのは自分の無知を知っているからである、と考え、現世的な小賢しい知識を捨て、魂がみずから生み出す知恵を育む〈魂の世話〉が魂を浄化する手段であると気づいたからである。

 それゆえ、そのような魂が本来、持つべき知恵は、けっして現世的な目や耳から教えることのできるものではなく、ただソクラテスは弟子たちがみずからの魂で生み出すのを助けるのができるだけだとし、このような教え方を《産婆術》にたとえた。しかし、これは、表面的には、自分はなにも考えを出さず、ただ他人の見解を吟味検討し、あらを探すことでもあり、〈ソクラテスの皮肉〉と言われ、多くの人々から反感も買った。

 また、彼は、このような方法によって、天上界的なもの、すなわち、〈真実在〉の知恵をめざし、また、このような〈真実在〉を知ることによって、その魂は〈徳〉を獲得し、〈善〉へと近づくとされた。つまり、彼においては、《宗教》と《哲学》と《倫理》が同一のものであったのである。

 いずれにしても、彼にとって、魂が永劫の輪廻から抜け出して天上界に帰ることこそ最大の目標であり、哲学はそのための実践的な〈死の練習〉、死の準備、手段であった。それゆえ、彼は本を書かず、ひたすら実践的な問答によって、思想的活動をした。このため、彼の思想は直接には知ることはできないが、しかし、プラトンを始めとする彼の多くの弟子たちの著作や活動から、その独創性をうかがい知ることができる。とくに、プラトンの作品の多くにおいては、ソクラテスが主人公となって登場し、プラトン自身は登場しないために、それが歴史的ソクラテスの思想であるのか、それとも、プラトンが権威ある師ソクラテスの口を借りて自説を述べているのか、もはや区分できない。