未分類

ヨーロッパのクリスマス回帰

日本では最近はコカコーラすらクリスマスCMをやらない。が、ヨーロッパでは、例年、12月、待降節を過ぎるとテレビはクリスマスCMが腕を競う。日本と同じ30秒というものもないではないが、より長い3分もあるCMもあるので、ドラマ仕立てで、しっかりしたもの…

ASKAの東京オリンピック2020テーマ曲

28日月曜の『ミヤネ屋』で井上公造が本人から送られてきたと言って音源を流してしまった。やつに渡す以上、機会があったら流してくれ、というのが、もともと含意されていた、というところだろうが。 長調単純和音のアウフタクトで4度入り、ファミレー、ファ…

ミステリの二重構造と第四者

ミステリはかならず二重の構造を持つ。1つは隠すべき物語、そして、2つめはその綻びを繕う物語。デテクティヴが追う殺人事件は後者。しかし、べつに殺人でなくても、失踪でも、なんでもかまわない。とにかく不可解な出来事があり、そのハウダニットとフー…

原恵一『百日紅』のこと

うちの学生、数百人に見せたが、かろうじて半分くらいがどうにか、というところ。後は筋が追えない。まあ、芸術系の大学と言っても、なんの芸術とも縁の無い、芸術というものを商品として消費するだけの連中が、もともと半分以上。世間よりまし、という程度…

弦楽器はなんでもあり

ヴァイオリンなんて、完成された楽器、だと思っていた。なにしろモノが高いし、たとえ新作でも骨董品のごとく大切に、というのが相場だった。ところが、この十年来、中国製で1万円台のが大量に出現。これに追随して日本製、米国製でも、わけのわからないも…

サンダーバードS号、であるか。。。

この番組、いったいいつやるんんだか、わかんないよ。不定期放送って、あえて見せたくないんだか。制作が間に合っていないなら、月2回、第一、第三土曜、とか、決められないものかね。そもそも、教育ではなく総合で流す意味があるんだろうか。それも、この…

ロバート・マッキー氏の新著『ディアローグ』

手づから送っていただいた。恐縮至極。さっそく読み込んでいる。オースティンら日常言語学派のスピーチアクトの概念を拡張し、映画だけでなく、小説や演劇の対話の深層を分析している。もちろん、後期ヴィットゲンシュタインに言語ゲームというコミュニケー…

ラジオ体操という秘密結社

夏休み、と言えば、ラジオ体操。きっちり6時半。近所の公園でやっている。うちの子たちも、バタバタと毎日。老人会と子供会、ということだが、まあ、出てくるのは決まった面々。それでも、生活習慣となると、その前に目が覚める。 最近の体育の先生に言わせ…

DFP超極太楷書体は皇室御用達

ダイナフォントは、個人的には、わりに好きなセット。クセがなく、原稿やプレゼンでもよく使っている。だが、ダイナフォント、安いせいか、自称「プロ」のデザイナーには、あまり評判が良くない。やつら、やたら妙な、高価でアクの強いフォントを礼賛したが…

映画版『鉄塔武蔵野線』を読む

今年の演習は、けっこうツワモノの学生がいるので、安っぽい話はできない。ここ数回は、ドラマ、それもミニマムなものからドラマの本質を理解する、なんていうことをやっている。アクションだの、爆破だの、無し。トリックのドンデンも無し。登場人物も少な…

ポケモンGOとナムコ

CNNなどだと、米国でえらい騒ぎになっているらしい。韓国でも、すでにできる場所があるとか。明日にも日本で発売?になるだろう。じつは昔、できたばかりのゲーム業界にも、いっちょかみしていた。とはいえ、学生のころ。あれからなんと、ちょうど三〇年…

絶対音感よりも絶対調性感

世間で、絶対音感が、とか言うけれど、電子楽器世代で子供の時からずっと完全固定の音程を聞きなれてきた者なら、440Hzはもちろん、その他の音程も耳でわかるに決まっている。自分の楽器のチューニングに音叉なんかいらない。 ところが、日本のピアノは、442…

江戸川乱歩の『陰獣』

まあ、日本の大学の国文学じゃ扱わないだろうな。ところが、ヨーロッパでは、けっこう評価が高い作品だ。わざわざ翻案して映画化までしている。もちろん日本でも、なんども映像化されている。通俗的で伝統的な日本の耽美猟奇的エログロの体裁を採りながらも…

ヘミングウェイとゲルホーン

HBOのドラマだ。154分、2時間半以上の大作だ。日本ではゲルホーンがまったく無名であるために、邦題は『私が愛したヘミングウェイ』に変えられてしまった。だが、これはゲルホーンの回想録であり、まちがいなくゲルホーンの方が主役だ ヘミングウェイにつ…

『ナポレオン・ダイナマイト』のこと

今日はドラマ論で『ナポレオン・ダイナマイト』の考察。知る人ぞ知る超低予算(本体2000万円)カルトムービーだ。学生の反応は、この温さがたまらない、というのが、9割。嫌いだ、すぐに飽きた、というのが1割。好きとか嫌いとか、ただ勝手なことを言…

武士道とキリスト教

数年来、武士道文献を地道に読んでいる。といっても、新渡戸や『葉隠』ではない。井上哲次郎の『武士道叢書』だ。こんなもん、いまどきだれも読まんだろうな、というような、ものすごく古臭い、積極臭いしろもの。だいいち漢文だったり、古文だったり。さい…

オリンピックそのものが無理

死にそうなおじいちゃんたちがボケで誘致しちゃったけど、競技場がどうこう、ロゴがどうこう以前に、無理じゃない? 少子化に財政難、おまけに災害続き。福一は解決してないし、阿蘇や箱根、南海や関東を喰らうかもしれない、という状況でお祭り騒ぎって、東…

凸版文久明朝

明朝体がいちばん難しい。その中でも、おそらくもっともしっくりくる、私に限らず、世間でも、これこれ、というのが、凸版印刷の伝統ある文久明朝というフォントだろう。文春文庫など、凝りすぎていない、むしろ一般的な書籍デザインで、多く見かけるやつだ…

パナマ文章と『悪魔は涙を流さない』

ジョージ・ソロスという人物をモデルにしてヨタ小説を仕立てたのが、拙著『悪魔は涙を流さない』。南ドイツ新聞へのパナマ文章の流出元として、ようやく彼の名前が出てきたが、タックスヘイブンの問題は、ソロスの自由主義思想と相いれないところがあり、パ…

『おそ松さん』の色彩設計

あれ、垣田由紀子だ。水色と藤色の濫用、これにピンクと黄色を合わせるなどというむちゃな色彩設計は、2010年に彼女が手掛けた『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』にもすでに見られる。あれは、もともとアメリカンカトゥーンを意識して真似たも…

愚者の王の誕生パーティ

なんかヒエロニムス・ボスあたりが寓意画にしそうな光景で、なんとも。そのうち参加者200人の名簿も文春に流出するだろうから、それはそれで見もの。生きている、見世物になってカネを稼いだ、という以上に、なんにもやり遂げたことがないまま、というよ…

乙武が女に手を出し、足がつく!

最近、青い東スポ、飛ばさないなぁ。なにか勘違いしてないか。プロ集団のセンスプのように、ネタが取れないのはやむえないにしても、そこをなんとかしてこそ、ヨタ記者というもの。記事が硬いのは悪くはないが、定期購読じゃないんだから、とりあえず見出し…

モーリー・ロバートソンか……

偽物ショーンに代わって、もぐらのモーリーか。大学の同級生、といっても、数か月で、あいつ、いなくなっちゃったが。あれは、本物だ。だけど、テレビは、本物の意味がわかってないと思う。けっして悪いやつではないが、たいへんだと思う。ほんの数か月の付…

paypalのフィッシング

海外との個人売買で、十年も前、paypalを使っていた。国際決済としては、メールアドレスひとつで、とても簡単。しかし、昨今、amazonで国際的なマーケットプレイスの決済ができるようになり、年来、ほったらかし。カードも有効期限が切れたままだった。 それ…

パソコンはネットラジオ専用

パソコンが出たころは、ワープロと表計算がすべてだった。それが、BBSにつながるようになって、なんとかフォーラムみたいなのがにぎわった。そこから、ホームページができて、リンクからリンクへ飛んでいく「ネットサーフィン」(うーん、なんという恥ずかし…

black lives matter

公民権運動から半世紀。あいかわらず。ただ、現実問題として、こうなる理由もわからないではない。自分が警官だったら、やはり先に撃つだろう。銃やナイフで武装している可能性は、けっして低くはあるまい。とはいえ、確保した後にやっていることを見ると、…

χωριστον

昔の人は、五十で隠居したというが、よくわかる。コーリストン、離存感というか、社会というゲームで、いまさら金持ちになりたいとか、出世したいとか、モテモテになりたいとか、面倒くさい。そういうことは、若い連中でがんばればよろしい、と思う。旅行す…

ジャニーズと山口組

みんな、いつまで黙っていられるのかな。美空ひばりのころから二代目、三代目とずぶずぶだからね。もともと渡辺プロダクションが地元搾取の興行浄化をめざしてできたものの、当初からそのためにかえってみずからすすんで進駐軍と菱の傘下に。そのさらに下に…

正直なクレタ人

私は差別と中国人が大嫌いだ、というアメリカンジョークがある。暴力撲滅、ヘイトスピーチ嫌い、等々は、他人を巻き込む分、嘘つきが、嘘はついていない、酔っ払いが、酔っ払ってなんかない、と言うのよりタチが悪い。正義の仮面をかぶっているから、よけい…

川越と古市と川谷の違いがわからない

最近、よくわからない。この三人の区別がつかない。三人とも、みんな同じ顔に見える。そもそも、こういう顔って、どこ系統なのだろう。まあ、日本なんて島国で、みんなどっかしらからの流れ者なのだろう。思いっきり縄文人っぽい、こゆい人もいるかと思えば…